集中力を高めるウェアラブル端末 「WEAR SPACE」一般販売を開始

2020年11月20日

集中力を高めるウェアラブル端末 「WEAR SPACE」一般販売を開始

 株式会社Shiftallは、パナソニックのデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」(以下FLF)と共同で開発した集中力を高めるウェアラブル端末「WEAR SPACE」(読み: ウェアスペース)の一般販売を、11月20日(金)から開始します。メーカー希望小売価格は35,000円(税別)です。

WEAR SPACE
https://wearspace.info/

「WEAR SPACE」は、FLFが企画・デザインした、新コンセプトのウェアラブル端末で、ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンと視界を調整できるパーティションで構成しています。周囲の雑音を低減し、不要な視覚情報を排除することで、オープンな空間にいながらも、瞬時に周囲との境界を作り出し、心理的なパーソナル空間を生み出します。

一昨年クラウドファンディングを実施し、市場にニーズがあることを確認。その後新型コロナウイルスの感染拡大により、Work from home(WFH)が一般化しました。当初想定していたパブリックスペースだけでなく、自宅で集中したいけれど、家族が気になって集中し辛い、というユースケースが見えてきました。今だからこそ欲しいというご要望も多数頂き、一般販売を決定しました。

販売開始は11月20日からとし、以下のチャネルにて展示・販売を行います。

ECサイト : アスクル(*),  Amazon(*), Shiftall直販サイト,  二子玉川 蔦屋家電オンラインストア
展示販売店舗 : 二子玉川 蔦屋家電

(50音順, 敬称略)
* アスクル・Amazonでの取り扱いは近日開始予定です。

売り場展示写真(二子玉川 蔦屋家電)

 

製品概要

パーティションで視界を狭めることで目の前の作業に集中
本体側面のパーティションが左右の視界を狭め、周囲の人の動きや光などの煩わしい視覚情報を遮断。水平視野を約6割カットすることで、目の前の作業への集中を促進します。

周囲の雑音を打ち消すノイズキャンセリング機能
アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホン部が、周囲の雑音や人の会話など作業に不要な音を低減することで、集中力の向上を図ります。ノイズキャンセリングは周囲の状況に応じて3段階に変更できます。

Bluetooth搭載で音楽のワイヤレス再生にも対応
スマートフォンやPCと接続して音声を聴取できるBluetooth対応のワイヤレス機能も搭載。動画編集や楽曲制作など音を聞くことが必要な作業だけでなく、音楽を聴きながら作業することも可能です。

快適さを追求した新しい装着スタイル
一般的なヘッドホンに用いられているヘッドバンドに比べ、頭頂部の圧迫感がない、快適な装着感を実現しました。ヘッドホンとパーティションを一体化した装着スタイルは、WEAR SPACEの「空間を着る」というコンセプトを体現しています。
※通常の装着スタイルでは安定した装着が難しいお子様や頭囲の小さい方に向けた「ヘッドバンド」を同梱します。ご購入時に本体に搭載されているヘッドサポートを取り外して、ヘッドバンドに取り替えることができます。

左:ヘッドサポート取り付け状態 右:ヘッドバンド取り付け状態

ひとめ見て集中していることが周囲に伝わるデザイン
ヘッドホンで音楽を聴きながら作業に集中しているにも関わらず、誰かに話しかけられて集中力が途切れてしまった経験は誰しもあるはずです。WEAR SPACEを装着しているだけで「何かに集中」していることを周囲に伝えることができます。

仕様

型式 密閉型
ヘッドフォンドライバーユニット 40mm
通信方式 Bluetooth 4.0
対応Bluetoothプロファイル A2DP / AVRCP
対応Bluetoothコーデック SBC / AAC / apt-X
ノイズキャンセリング方式 アクティブノイズキャンセル
バッテリー 内蔵リチウムイオンバッテリー
充電方法 Micro-USB
充電時間 約3〜4時間
連続利用時間 約88時間程度
※Bluetooth機能をオフにした状態で、ノイズキャンセリングレベルがHighの場合
連続音楽再生時間  約26時間程度
※BluetoothコーデックがSBC、ノイズキャンセリングレベルがHighの場合
本体サイズ 約220×300×140mm(幅×奥行×高さ)
重量 約360g
対応サイズ 頭囲54cm~62cm

 

株式会社Shiftallについて
株式会社Shiftallは、パナソニックを経て株式会社 Cerevo を起業した岩佐琢磨が、2018年 4 月 に設立したパナソニックのグループ企業です。IoT 製品の設計・開発から、販売・サポートまでをトータルで行っています。くらしの統合プラットフォーム「HomeX」、集中力を高めるウェアラブル端末「WEAR SPACE」などパナソニックの新規事業に協力。CES 2020では冷蔵と温め双方を行える調理家電「Cook’Keep」や、人前で同じ服を着ることを防いでくれるスマートミラー「Project: NeSSA」、ARプロジェクション機能つき照明「BeamAR」と3種の自社ブランド製品を発表しました。

FUTURE LIFE FACTORYについて
FUTURE LIFE FACTORYは、パナソニック株式会社において先行開発に特化して活動するデザインスタジオです。「これからの豊かなくらしとは何か」を問い直し、モノ/コト問わず具現化しています。FUTURE LIFE FACTORYのアプローチは、ユーザーの課題解決や、テクノロジーを中心に置いた従来の商品開発だけではなく、未来洞察を元に見据えた、人々の価値観の変化や社会課題を起点としたクリエイションが大きな特徴です。従来の常識にとらわれない発想で、新規事業の種や未来のくらしのビジョンを世に問いかけています。
https://panasonic.co.jp/design/flf/

報道関係、取材に関するお問い合わせは下記窓口からご連絡ください。
広報お問い合わせフォーム

株式会社Shiftall
公式Twitter: https://twitter.com/shiftall_jp
公式Facebook: https://www.facebook.com/shiftall.jp/