いままでよりも安くなりました、小さくなりました、消費電力が下がりました、性能が良くなりましたといった既存商品カテゴリの指標上ではなく、『あたらしい製品カテゴリの発明』を目標とし、既存の指標とは異なる視点で生み出された製品群です。

いままでよりも安くなりました、小さくなりました、消費電力が下がりました、性能が良くなりましたといった既存商品カテゴリの指標上ではなく、『あたらしい製品カテゴリの発明』を目標とし、既存の指標とは異なる視点で生み出された製品群です。

Support product