「WEAR SPACE」がクラウドファンディングの目標金額を達成、支援者に向けた量産を決定

2018年12月12日

「WEAR SPACE」がクラウドファンディングの目標金額を達成、支援者に向けた量産を決定

 株式会社Shiftallとパナソニックのデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」(以下FLF)が共同で開発した、集中力を高めるウェアラブル端末「WEAR SPACE」(読み: ウェアスペース)が、CCC(TSUTAYA)グループが運営する「GREEN FUNDING」のクラウドファンディングで目標金額を達成しました。

WEAR SPACE
https://wearspace.info/

「WEAR SPACE」は、FLFが企画・デザインした、新コンセプトのウェアラブル端末で、ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンと視界を調整できるパーティションで構成しています。周囲の雑音を低減し、不要な視覚情報を排除することで、オープンな空間にいながらも、瞬時に周囲との境界を作り出し、心理的なパーソナル空間を生み出します。

WEAR SPACEがGREEN FUNDINGで目標額を達成

「WEAR SPACE」は、2018年10月2日(火)から12月11日(火)までの期間、「GREEN FUNDING」でクラウドファンディングを実施し、525名の方から目標金額の1,500万円を上回る、16,307,800円のご支援をいただきました。これから量産に向け、2019年8月のお届けを目指して「WEAR SPACE」の開発を本格的に開始します。

 

クラウドファンディング概要

プロジェクト名: WEAR SPACE project
方式: All or Nothing ※1
目標額: 1,500万円
支援総額:16,307,800円
支援者数:525人
期間: 2018年10月2日(火)~12月11日(火)
リターン時期: 2019年8月

※クラウドファンディングの詳細はGREEN FUNDINGのWebページをご覧下さい
https://greenfunding.jp/lab/projects/2463

株式会社Shiftallについて
株式会社Shiftallは、パナソニックを経て独立し、株式会社Cerevoを起業した岩佐琢磨が、2018年4月に新たに設立したパナソニックのグループ会社です。IoT製品を主に扱い、設計・開発から、販売・サポートまでをトータルで行ないます。数百台から一千台程度の規模で製品を迅速に設計・開発し、海外の提携工場にて製造し販売。市場の反応を見つつ迅速な商品改良を行ない販売するというプロセスを繰り返してゆく‘アジャイル量産’手法を得意とします。

FUTURE LIFE FACTORYについて
FUTURE LIFE FACTORYは、パナソニック株式会社 アプライアンス社 デザインセンターにおいて、先行開発に特化して活動するデザインスタジオで、2017年4月に設立しました。
「これからの豊かなくらしとは何か」を問い直し、モノ/コト問わず具現化しています。FUTURE LIFE FACTORYのアプローチは、ユーザーの課題解決や、テクノロジーを中心に置いた従来の商品開発だけではなく、未来洞察を元に見据えた、人々の価値観の変化や社会課題を起点としたクリエイションが大きな特徴です。従来の常識にとらわれない発想で、新規事業の種や未来のくらしのビジョンを世に問いかけています。
https://panasonic.co.jp/design/flf/

GREEN FUNDINGについて
CCC(TSUTAYA)グループの株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト。全国約1,500店舗のエンタテインメントストア「TSUTAYA」や「蔦屋書店」と連携し、ガジェット・雑貨・映画・出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。現在40のパートナーと共に、840を超えるプロジェクトに総計13億円以上の資金調達をサポートしています。
https://greenfunding.jp/

 

報道関係、取材に関するお問い合わせは下記窓口からご連絡ください。
広報お問い合わせフォーム

株式会社Shiftall
公式Twitter: https://twitter.com/shiftall_jp
公式Facebook: https://www.facebook.com/shiftall.jp/